キムビアンカofficial blog「脱ぎなさいよ」

<< October 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
















<< ティムコを鬼喰い。 | main | もうメケメケ。 >>
全員悪人。
北野武監督の作品
アウトレイジ。

そして続編 アウトレイジ ビヨンド。
のコンセプト。
「全員悪人」

少し前に観たこの両作品が、完全にコンセプト勝ちの悪漢としかいい様がないエンタメ性の高さで、痛快なわけ。

それを今さら書いてるのは、
まさにこれからの自分が描き、表現したい曲を作り始めてるからなの。

曲も映画も一緒かもしれない。

世の中にはすでに
不朽の名作と言われる作品は出尽くしていて、
新しいジャンルに逃げる、股はジャンルごと作ることも叶いずらい今の事情。

徹底的に古典をやるか
69するか
はたまた焼き直しをするか

北野武のアウトレイジは、
90年代以降の極道ものにありがちだった人情でどこか救われる感じだとか、
カッコ良く見えるヒーロー感なし。
プラス良いオンナに贅沢暮らし、といった無駄な勝ち組成功のイメージがついて回ってるように思われる、ゴッドファーザーしかりな部分も一切無し。

とにかく登場人物が「全員悪人」だから、親も子も筋も無い。笑。
誰ひとり、極道で安泰な人が出て来ない。組長さえもいつ殺されるかハンパなく、緊張して生きてる。
三浦友和、中尾彬や椎名桔平、加瀬亮に石橋蓮司などそうそうたる役者達が、あっさり残忍な手口で死んで行くとかアゲでしかなく。笑。
中途半端な悪人とか良い人風とか無いのが最大の特徴になってる作品。

台詞で繰り返される
ばかやろう、このやろう、
がこれ股キャッチーかつ、
観てる側もストレス解消気分。笑。

発想力と徹底的な思考。
北野武信者ではなかったけど、
この作品で奮いたったわけよー。

やれば出来る。
新しい切り口の作品。

やってやろう。

というわけで引き続き歌詞のイメージをまとめまーす。笑。





愛ホンから
んなこと書いてハードルあげちゃう病なんだな( ̄▽ ̄)。投稿。
| キムビアンカ | MUSIC | comments(1) | - |
naokiti (2012/11/11 6:32 PM)
期待してますよぉー(●´ω`●)