キムビアンカofficial blog「脱ぎなさいよ」

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
















<< ありがとう良い薬です。 | main | 満員御礼!COLORS TOKYO × SISTA >>
てやんでえ。
作家の頭の中は両性具有である。
by 小池真理子氏が書いたあとがき『眠れぬ真珠』石田衣良氏 著。


作家世界だけではなくて音楽や絵画など様々なアート世界では、当たり前に男の仕手が女の性を生き、
女の仕手が男の性を生きる。
あたまの中に異性の性器を持っている。
そうやって性を凌駕することは、アーティストとして深い観察眼を持つということ。

たまたま出会った初めての石田衣良作品。
ことの他 切なくて、何よりも小池真理子氏があとがきに綴っているように、40半ばにしてホルモンバランスを壊してしまった主人公女性の抱える心理を、男性作家とは思えない描写で綴っているのです。

リアルな体験を打ち付けるように吐き出す作品にはその良さがあると同時に、この作品のように完璧にイタコ現象起きた上での憑依作品も股 一興。
わたしは個人的に両方好きだけども、後者により強く惹かれまん。

何がリアルか?
そんなの作家に聞くだけ愚問なんだよ。

てやんでえ。




| キムビアンカ | BIANCA says | comments(1) | - |
naokiti (2014/05/12 2:19 PM)
きっと、誰もが持ってるものだけど、それを形に出来るか出来ないかは本当にその人次第なんですよね(^^)
一般のレールで歩き続けるのもそりゃ大変な事。
でも、特殊なレールを歩き続ける事はもっと大変な事だと思います。
キムビアンカ様の生き方、たまらなくカッコいい(*´ω`*)
ちゃんと人間くさい所も、魅力の一つだと僕は思います(●´ω`●)